文部科学省「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」の連携企業となりました。

10.07

文部科学省の「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」(2019年度-2023年度)において、
東北大学を代表校とし、熊本大学、大阪府立大学、立教大学の計4大学が連携して実施する取組
「創造と変革を先導する産学循環型人材育成システム」が採択されました。
弊社は連携企業として登録されました。

【取組事業名】創造と変革を先導する産学循環型人材育成システム~学生も社会も学び続け、日本の未来を拓く~

【事業実施大学】東北大学、熊本大学、大阪府立大学、立教大学

【連携企業団体(申請時)】
〔企業〕(五十音順)株式会社アゴラ・ステーション、EY新日本有限責任監査法人 国際公共チーム、
株式会社ASA、サンライトヒューマンTDMC株式会社、株式会社七十七銀行、株式会社中九州クボタ、
株式会社日本科学技術研修所、パーソルキャリア株式会社、パナソニック株式会社、
PwCコンサルティング合同会社、株式会社福井製作所、株式会社富士通ラーニングメディア、
株式会社プロアシスト、株式会社ベネッセi-キャリア、三菱電機株式会社、株式会社リクルートキャリア、
株式会社りそな銀行
〔地方公共団体〕大阪府、宮城県、仙台市、豊島区
〔一般社団法人〕一般社団法人 経済同友会インターンシップ推進協会、一般社団法人 埼玉県経営者協会

詳細はこちらをご参照ください。
文科省HP
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/09/1420854.htm

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る